食べられるのは、うまい棒とホットケーキ、いくつかの野菜だけ

食べられるのは、うまい棒とホットケーキ、いくつかの野菜だけ

妊娠中は妊娠以前の身体とは別物だということを理解しなくてはなりません。
特に妊娠して最初の頃はお腹も小さく見た目の変化がないため妊娠前と同じように動けてしまいます。ですが、この時期は胎児の身体の基礎となる大事な基礎形成の時期なので、妊娠前と変わらずに調子がよくても、必要以上に動かないのが得策です。ゆっくりゆったりと構えるようにして、ちょっとでも気付く点がある場合は身体を休ます事が重要です。妊娠中に注意することは、まずストレスを溜めないことです。
ストレスがたまるとついついヤケ食いをしてしまったり、冷静に物事を判断できず危ない行為をしたり穏やかな気持ちで過ごせなくなります。
すると、母体に余計な負担をかけることになり、赤ちゃんにもよくない影響を及ぼす可能性があります。出産は人生の一大イベント。
命懸けです。神経質になりすぎるのもよくないですが、心身共にいい状態で産むことができるよう、リラックスできる心と体を作りましょう。妊娠初期のつわりは人によって異なると言いますが私の場合は食べづわりになり、何か食べていないと気持ち悪くなっていました。

 

 

脂っこいもの、甘いものは見るだけで気持ち悪くなりました。食べられるのは、うまい棒とホットケーキ、いくつかの野菜だけ。それ以外のものを食べると気分が悪くなり、しょっちゅう吐いていました。

 

こんな食事できちんと栄養が取れているのかが心配でしたが、妊娠初期はそこまで栄養は必要ないので、無理なく食べられるものを食べていればよいということ。早くこの苦痛が無くなってって欲しい…毎日そう願ってました。

 

 

女性には膣や子宮に雑菌の侵入を防ぐための自浄作用機能が備わっています。実は、妊娠している時は女性ホルモンの変化など日々の心労の作用で自分を守る力が落ち込みます。

 

 

また、悪阻のようにあまりにも辛いつわりの場合には食事もままならないことによって体力も低下し免疫力も低下してしまいます。

 

 

 

これらが積み重なりカンジダ感染症に感染しやすい時期と言われています。出産時にカンジダに感染していると産道を通ってきた赤ちゃんに感染してしまう恐れがあります。

 

妊娠線を作らないようにするポイントは体重が増えすぎないようにする他に妊娠線を防ぐクリームを塗るのがよいと言われています。
そして妊娠線予防クリームを塗る際、しっかりマッサージをすることがポイントです。理由はマッサージをして脂肪を柔らかくする事によって妊娠線がちょっとでも出ないようにすることも大切です。その際は十分な量のクリームを手にだし、まんべんなく馴染ませた後、方向を変えながら塗り込んでいくのが効果的です。

 

そして可能なところは掴みながら揉むこともしておきましょう。

 

 

 

妊娠中は非常に太りやすくなります。この前、夫婦二人きり最後の旅行に出て、全力でハメを外し、美味しいものも大量に食べました。家へ帰ってきたら出発前より3kgも体重が増えていました。たった2日で3キロも太ったのは生まれて初めてでした。妊娠する前は多少食べ過ぎても翌日少し抑えたら簡単に戻りましたが、妊娠中はそうではありませんでした。食事を摂らなくても痩せないのです。

 

栄養を取りながら体重管理をするのは苦労しますが、赤ちゃんのために頑張っていこうと思います。

 

 

妊娠に気付いたら病院へ行って、本当に妊娠しているか確認します。最近の妊娠検査薬は信頼性が高く、陽性反応の場合にはほぼ間違いなく妊娠しています。しかし、検査薬の反応で妊娠間違いなしだとしても、子宮外妊娠などの危険性を伴う場合があります。
そのため、陽性反応が出たら必ず病院へ行くようにしましょう。初めて診察を受ける時期は生理予定日を1週間経過した時期で行くのが良いです。

 

早すぎると子宮内に胎嚢が確認できず、翌週に再度受診しなければならなくなります。妊娠初期のつわりは人によって異なると言いますが私は食べづわりになってしまい、何かを口にしていないと気持ちが悪くなっていました。
脂身や生クリームなどは見るだけで気持ち悪くなりました。

 

 

 

何とか口にできるのはスナック菓子と野菜、パンケーキだけでした。

 

 

それ以外のものを食べると気分が悪くなり、しょっちゅう吐いていました。こんな食事できちんと栄養が取れているのかが心配でしたが、妊娠の初めの頃はあまり栄養を取らなくても問題無いので食べたいと思うものを食べるのでよいということ。早くこの苦痛が無くなってって欲しい…毎日そう願ってました。妊娠中は、まずストレスを溜めないことを第一にしましょう。

 

ストレスが溜まってくると、イライラしてしまい大量に食べてしまったり冷静に物事を判断できず危ない行為をしたりゆとりを持って日々を過ごせなくなります。

 

 

すると、母体に負担がかかることになり、赤ちゃんにもよくない影響を及ぼす可能性があります。

 

出産は人生の中で大きなイベントであり、命がけでもあります。神経質になりすぎるのもよくないですが、いいコンディションで出産を迎えられるよう、ゆったりと心身を整えていきましょう。常に船酔い状態で不快感が続くつわりの期間中、とにかく辛いですよね。

 

症状も期間も人それぞれですが、自分が楽だと思える方法を見つけましょう。
まずは、吐き気が増すのは空腹時、辛い時も時間が決まっている、などパターンを見つけることで対処できることがあります。
就業中の方は、業務時間内で少し休憩させて欲しい時があるかもしれません。安定期に入る前で報告を躊躇う気持ちもあるでしょうが、少しでも配慮を受けられるよう誰か一人だけでも妊娠中であることを伝えましょう。

関連ページ

妊娠したら仕事を辞める?続ける?退職に踏み切るきっかけとは
妊娠が発覚してからつわりかかなりひどかったのと、重労働な職種でもあったので、退職することにしました。 仕事を辞めるという選択を取る人も少なくないと思いますが、身体に過度な負担がかからなければ、仕事を続けるのもアリだと思います。
妊娠中のストレスが赤ちゃんと母体に与える悪影響とは?
妊娠期間中は何よりストレスを溜めないようにしましょう。ストレスが溜まってくると、イライラしてしまい大量に食べてしまったり冷静な判断ができず危険な行動に出たり、心安らかに日々の生活ができなくなります。
高齢出産太め妊婦の妊娠生活注意点についてお医者さんに言われたこと
私は40歳近くの割と高齢での出産だったので、医師や助産師さん、先輩ママからもさまざまなアドバイスを受けました。体重が若干基準値を超えていたので、とにかく体重を増やしすぎないよう言われました。
過度な運動も逆に早産などのリスクを高めてしまう
体重管理、そして安産のために毎日目標一万歩を守って歩いていました。 しかし過度な運動も逆に早産などのリスクを高めてしまうので、無理はしてはいけません。妊婦生活で一番大切なことは穏やかにストレスなく過ごすことです。