高齢出産太め妊婦の妊娠生活注意点について

高齢出産太め妊婦の妊娠生活注意点について

私は40歳近くの割と高齢での出産だったので、医師や助産師さん、先輩ママからもさまざまなアドバイスを受けました。体重が若干基準値を超えていたので、とにかく体重を増やしすぎないよう言われました。

 

 

 

しかしながら、お腹がすくと気分が悪くなる、いわゆる「食べづわり」だったので、一日中何かしら口にしている状態でした。体重はあっという間に20キロ近く増え、足はむくみっぱなしになり、妊娠中毒で入院寸前までになってしまった、ダメダメ妊婦でした。

 

 

ですが、出産自体は1時間ほどですんなりと産まれましたので、結果としては妊婦として合格点だったと思っています。
妊娠中は非常に太りやすくなります。この前、夫婦二人きり最後の旅行に出て、全力でハメを外し、美味しいものも思いっきり食べました。家へ戻ってくると、旅行前よりも3キロも体重が増えています。わずか2日でここまで太るとは思っていませんでした。妊娠前は食べ過ぎても次の日に食べる量を抑えたらちゃんと体重が戻ったのですが、妊娠期間中は違いました。

 

 

食事を摂らなくても痩せないのです。栄養を取りつつ体重管理をするのは大変ですが、可愛い赤ちゃんの為にはここが頑張りどころです。

 

 

初妊娠をした喜びはとても大きく、そのまますぐに仕事を辞めました。

 

退職したものの、毎日することがなく退屈な日々となりました。

 

仕方がなく友人と外食する事が多くなり気付けばお金は減るし、体重が急に増えすぎと、検診で注意を受けました。

 

特につわりも酷くなく、元気に過ごせていたので適度に仕事をしながら妊娠期間を満喫すればよかったと思います。

 

 

妊娠希望なら、まず毎朝、基礎体温を測り、自分の月経サイクルを知る事が必要です。

 

タイミングは排卵日あたりに合わせて夫婦生活をすることで、通常よりも妊娠しやすくなります。

 

しばらく試みても妊娠しない時には、旦那さんとよく話した上で、妊娠可能な体でお互いあるのか、赤ちゃんができない原因となるものはないか。

 

 

そのことを専門クリニックなどでしっかりと調べて貰うことが解決策の一つですね。私が悩まされたのは、妊娠中の切迫流産と切迫早産でした。
特に最初の子を妊娠中には夫の両親と同居しており、頑張りすぎることもよくありました。
今考えてみると一緒に住んでいた義父、義母に居心地の悪さを感じていました。義父も義母も当たり前ですが高齢でしたが、居心地の悪さばかりを気にせずに、気軽に買い物をお願いしたりすれば良かったと今なら思います。

 

二人目は切迫早産で帝王切開、子どもを一日で亡くしてしまった哀しさは今も消えません。夫のご両親と同居される方には遠慮ばかりしないようにして頂きたいです。

 

 

笑顔で赤ちゃんを迎えるために積極的に協力を仰ぎましょう。妊娠経験のある友人から、妊娠すると妊娠線が出来ると聞いて、怖くなり色々と調べました。

 

保湿がいいということがわかり、安定期を過ぎた頃から毎日毎日必死で保湿力の高いクリームを塗り続けました。
一日のうちに何度も塗り直すようにしていました。

 

出産するまでに何個ボディクリームを使い切ったか分かりません。自分が好きな香りが付いたクリームを塗ることで気分転換にもなりました。

 

 

 

そのためか、二人産んだにも関わらず妊娠線は出ませんでした。

 

 

妊娠までの道筋を知ると、小さな命を得るということがいかに奇跡かが分かります。

 

 

 

妊娠するには排卵日のたった1日のみ、とても短い期間です。
女の人は毎月やってくる生理で周期を数えますが、妊娠するには排卵日を特定することが一番大事なことです。仮に生理の期間に入っていたとしても排卵をしていないと妊娠することは不可能であるからです。
妊娠を希望するのなら、まずは自分の排卵周期を把握することからスタートしましょう。

 

妊娠している間はホルモンバランスの関係で、気持ちが不安定になりやすくなり、定期的に心を落ち着かせる時間を取ることが大切です。しかし、運動も食事も、妊婦さんには気を付けなければならないことが多く、なかなか難しいですよね。そんなときは、クラシック音楽を聞いてみたり、読書に挑戦してみてはいかがでしょう。

 

 

ママが教養をつけることは将来生まれるベビーの教育の第一歩になります。
軽い挑戦のつもりでやってみませんか。
初めて妊娠をして嬉しくて仕事をすぐに退職しました。辞めたものの、毎日暇を持て余すようになりました。特にすることも無いので、友人とランチに出ることが増えたため出費はかさみ、検診で体重を注意されるようになってしまいました。

 

 

つわりも軽く普通に生活できたので、程ほどに働きながら妊娠期間というものを満喫すればよかったと思います。

 

妊娠している間はなぜか甘味が欲しくなります。実際のところ、それまで見向きもしなかったケーキやチョコレートが常に欲しくなりました。ただ、体重もちゃんと管理する必要があります。ある程度運動してから食べるようにしていました。体重管理の為と安産の為に、一日一万歩を目標に歩いていました。しかし過度な運動も逆に早産などのリスクを高めてしまうので、無理はしてはいけません。

 

 

関連ページ

妊娠したら仕事を辞める?続ける?退職に踏み切るきっかけとは
妊娠が発覚してからつわりかかなりひどかったのと、重労働な職種でもあったので、退職することにしました。 仕事を辞めるという選択を取る人も少なくないと思いますが、身体に過度な負担がかからなければ、仕事を続けるのもアリだと思います。
妊娠中のストレスが赤ちゃんと母体に与える悪影響とは?
妊娠期間中は何よりストレスを溜めないようにしましょう。ストレスが溜まってくると、イライラしてしまい大量に食べてしまったり冷静な判断ができず危険な行動に出たり、心安らかに日々の生活ができなくなります。
食べられるのは、うまい棒とホットケーキ、いくつかの野菜だけ
脂っこいもの、甘いものは見るだけで気持ち悪くなりました。食べられるのは、うまい棒とホットケーキ、いくつかの野菜だけ。それ以外のものを食べると気分が悪くなり、しょっちゅう吐いていました。 こんな食事できちんと栄養が取れているのかが心配でしたが、妊娠初期はそこまで栄養は必要ないので、無理なく食べられるものを食べていればよいということ。早くこの苦痛が無くなってって欲しい…毎日そう願ってました。
過度な運動も逆に早産などのリスクを高めてしまう
体重管理、そして安産のために毎日目標一万歩を守って歩いていました。 しかし過度な運動も逆に早産などのリスクを高めてしまうので、無理はしてはいけません。妊婦生活で一番大切なことは穏やかにストレスなく過ごすことです。